宝石ライフ~ブランド品&ジュエリー~

翡翠、珊瑚、ルビー、サファイア、エメラルド、ダイヤやブランド品について語ります

ルビーと珊瑚が買取市場でアツイようです

ルビーを高く売る方法

ルビーをできるだけ高額査定してもらう方法としては、日ごろからお手入れをしておくことが大きなポイントとなります。

ダイヤモンドに次ぐ高い硬度を誇り、耐久性もかなり高いルビーは熱や薬品にも強いため、ご自宅でも簡単にお手入れができます。

中性洗剤を使って、毛先の柔らかいブラシで汚れをきれいに磨き、ぬるま湯などで丁寧にすすぎあげ、水分をふき取っておくというお手入れを使った後行っておくだけでも十分です。

ルビーの相場は大きな変動がありませんので、買い取り価格は安定しているということができますが、こうしたお手入れをしておくとより高値で買い取ってもらえるでしょう。

また、品質に見合った適切な価格で買い取ってくれる信頼できる業者に買取を依頼することも、少しでも高くうるためのコツになります。

ルビーは買取価格が安定しているといっても、正式な買取レートが定められているわけではありませんので、直接買い取り価格の交渉をすることで少しでも査定価格が上がる可能性があるというのも特徴かもしれません。

オススメはルビー買取専門ジュエリーファンです!

近くに信頼できる買取店がない場合は、インターネットの口コミなどを参考にするのもよいかもしれません。

出張買取や宅配買取も利用できるところが多いので、気軽に無料査定を試してみるとよいでしょう。

 

珊瑚の保管場所

珊瑚の宝石は、カルシウムを主成分としており、酸や汗には弱い性質があります。

珊瑚の宝石を身に着けた後は、お手入れをして末永く愛用していけるようにしましょう。

光沢を失ってしまっているものは、ご自分で無理に研磨するのではなく、珊瑚専門店にもっていくようにしましょう。

自宅のお手入れで水を使った場合は、水分などをきちんとふき取ったうえで、2~3時間は最低自然乾燥させてください。

その後、ジュエリーボックスなどに保管しておくことをお勧めします。

コチラの珊瑚買取専門ページでも情報を得られるので目を通してみて下さい。

多孔質な宝石である珊瑚は、水分を完全に取り除いたと思っても表面に水気が残っていることが考えられますので、細心の注意を払ってください。

保管場所については直射日光の当たらない場所を選びましょう。

数珠や鼈甲のついている珊瑚宝石については虫除けが必要になります。

そのため、できれば保管するジュエリーボックスに桐箱を選ぶとよいでしょう。

また、宝石箱の中や保管場所となるところに、乾燥剤を置いておくのはやめましょう。

珊瑚はもともと生き物ですので、適度な湿度が必要となります。

高温な場所も嫌いますので、炎天下の車内や暖房器具のそばに置いておくのも厳禁です。

また、珊瑚宝石を身に着けたまま温泉に入ると、硫黄に反応して光沢がなくなってしまうので注意が必要です。