バイナリーオプションの攻略法や必勝法|上手く勝つにはどうしたらいいの!?

明日から試せる出来るバイナリーの必勝法、攻略法をご紹介。

ユーロが受ける影響

バイナリーオプションのトレーダーの方達の中には、ユーロを取引銘柄に選んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。

ユーロは財政リスクなどの悪影響から突発的な値の動向をみせる場合もありますが、世界第2位の流通量を誇ることもあり、基本的には安定している取扱やすい通貨だと言えます。

しかし、ユーロも他の銘柄同様、世界各国の社会情勢や経済指標から影響を受けることも事実です。

特にユーロ圏における失業率、金利政策などからは大きな影響を受けています。

そして何より、世界第一位の流通量を誇る米ドルとの関係性には注意が必要でしょう。

例えば、アメリカにおいて突発的なニュースや、ドルにリスクを伴うような悪影響が起こった場合には、リスク回避のために多くの投資家達は代わりにユーロを買い求めるようになります。

この場合、ドルは売られ、ユーロ高となります。

世界の通貨流通量の大半を占めるこの2つの銘柄は、このような相関関係にあり、相反することも多いと言えます。

そのため、ユーロを取引銘柄としてトレードを行う場合には、合わせてドルにも注目しておく必要があるでしょう。

以上のように、一つの通貨でも、あらゆる局面から影響を受け、相場の動向にもそれに応じた様々なトレンドが発生します。

より高い勝率でバイナリーオプションの取引を行っていくためには、広い視野を持って各国の経済指標や為替の値動きを把握しておくことが必要です。

必勝法のひとつとなりますので心にとめておいてください。


物価上昇率をチェック

バイナリーオプションは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析という2つの分析方法を用いて取引の予測を行っていきます。

有能なトレーダー達は、あらゆるテクニカルツールを用いてテクニカル分析を行っています。

レンジ相場とトレンド相場、それぞれの状況にあったツールを使い分け、また複数のテクニカルツールを併用しながら予測を立てることでより高い精度で相場予測を行っています。

またファンダメンタルズ分析においても、あらゆる社会の事象から、株価がどのような影響を受けるかということを的確に予想しています。

ここで言うあらゆる社会の事象には、様々なものが挙げられます。

世界で起こる戦争や事件、大きなスポーツイベントや人々がレジャーなどで移動することまでも株価には大きな影響を与えます。

具体的にファンダメンタルズ分析における経済指標の中には、物価上昇率も挙げられます。

物価上昇率とは、ある基準となる年、またはある月と現在における、同じ商品やサービスなどの価格が上がった割合、または下がった割合の指標のことを言います。

物価上昇率が上がると、通貨の価値は下がります。

自国の通貨価値が下がると、他国の通貨と比較した場合の価値も下がります。

つまり、物価上昇率が高いと通貨価値が下がり、低いと通貨価値は上がります。

この現象に従ってトレンドが起こりますので、バイナリーオプションを行う上で売り・買いを判断するファンダメンタルズ分析の大きな要素となるのです。


失業率を参考に

各国の失業率の指標は、為替相場に大きな影響を与えます。

失業率が低いということは、就労している人々が多いということです。

つまり景気は良いということです。

反対に失業率が高い状態は、働くことができない人が多いため、働いていない人の生活分も働いている人が負担することになり、景気は悪いと言えます。

失業率が低く、景気が良くなると、海外投資が増え、お金が流れてきます。

そして通貨価値が上がります。

このように、失業率は為替相場に大きな影響力を持ち、バイナリーオプションの取引にも大きく関係してきます。

バイナリーオプションの取引においては、このような経済指標が相場予測の重要な要素となります。

各国の失業率がどのように推移するかによって、取引の分析を行うことができるからです。

また、一つの国の失業率が他国の為替市場に影響するなど、各国は相関性を持っています。

特に大きな市場を持つアメリカの失業率は他国の通貨にも大きく影響しますので、注目しなければなりません。

このように、バイナリーオプションにおいて勝ち続けるためには、各国の失業率を把握しておくなどのファンダメンタルズ分析をしっかりと行っておく必要があります。

各国の失業率が発表されるタイミングを覚えておいたり、それぞれがどのように推移すれば、相場にどういった影響があるのかを研究しておくことが大切です。

まずは影響力の大きいアメリカは毎月第一金曜日に発表がありますので、注目してみてください。


GDPからのファンダメンタルズ分析

バイナリーオプション取引を攻略する上で、細かいファンダメンタル分析は大変重要な要素になります。

ファンダメンタル分析とは、社会の動きが株価にどのように影響するかという観点から相場変動を予測していくことですが、ではその社会の動きとは具体的にどのようなことが挙げられるでしょう。

もちろん一つの事象だけで株価が決まるわけではありませんので、様々なことが挙げられますが、ここではその中の重要な一つであるGDP、国内総生産についてご紹介しましょう。

国内総生産とは、その国の経済規模を示すものです。

一定の期間内に、それぞれの国の中で産出された生産物やサービスなどの付加価値の総額の指標です。

このGDPが高い国の通貨は、多く買われ、反対に低い国の通貨は売られているケースが多くあります。

GDPが発表されると相場は活気づき、トレンドが発生します。

GDPが上昇した場合は、通貨が買われトレンドが一気に上昇するという仕組みになります。

つまり、GDPが発表された直後は、バイナリーオプションにおいてはトレンドの方向性を見極めるのに大変役立つ情報となるのです。

しかし、注意すべきなのは世界各国の市場は相関性を保ちながら変動しています。

その国のGDPが上昇した場合でも、他国の市場から間接的に影響が加わり売りが起こることもあり得ますので、とっさの判断は避け、相場の動きを慎重に見ながら、テクニカルツールなども用いた上で取引を行うようにしてください。


RSIとボリンジャーバンド併用時の注意点

有能なバイナリーオプショントレーダー達は、複数のテクニカルツールを使い分け分析を行っています。

また一度の取引において、相場の動きをより効果的に分析するため、いくつかのテクニカルツールを併用して取引の判断を行う、という上級者もいます。

もちろんひとつのテクニカルツールだけで、相場の変動を見極めていうことも不可能ではありませんが、複数を併用することでより精度の高い予測を立てることができるのです。

とは言え、まだ初心者の方や、テクニカルツールに不慣れな方はなかなかツールの組み合わせをマスターするのは難しいかと思います。

そこで本日は認知度も高く、とてもシンプルなRSIとボリンジャーバンドの組み合わせをご紹介します。

いずれのテクニカルツールも、レンジ相場において逆張りの予測を立てるのに大変適したツールになります。

それぞれ別のツールなのでもちろんチャートの見方は異なりますが、どちらもとても見やすいチャート画面になっているためすぐに理解して頂けるかと思います。

それぞれの単独使用ですと、信ぴょう性にかける部分もありますが、併用することでより信頼性が高まります。

注意することは、トレンド相場にはどちらも向かないツールなので必ずレンジ相場の際に活用する、ということ。

そして2つのツールの予測が合致した時にエントリーをすること。

予測が異なる場合にはいずれかが正しく機能していない可能性がありますので、一旦エントリーは待つ方が安全でしょう。


RSI注意点

バイナリーオプション取引においてテクニカル分析をする際欠かせないテクニカルツールには数多くのものがありますが、その中で認知度も高く多くのトレーダーに活用されているのがRSIです。

レンジ相場における逆張り予測にとても効果的で、シンプルなチャートで簡単に攻略することができるので、まだまだバイナリーオプション初心者という方にも大変おススメです。

そんなRSIですが、バイナリーオプションの必勝法として賢く活用するためには注意しなければならない点もありますのでご紹介させて頂きます。

先ほども述べたように、RSIは逆張りに有効的なテクニカルツールです。

激しく上昇するトレンドが発生した直後は、RSIの数値が80%以上になりそこで停滞することがあります。

また反対に大きく下降するトレンドが発生した場合20%以下に留まることがあります。

このようなケースでは、トレンドが継続しますのでRSIの法則に従って逆張り予測を立てるのは避けた方が良いでしょう。

一旦トレンドがおさまるのを待って、冷静に取引を行うようにしてください。

また、RSIはレンジ相場において逆張り予測をするためのサポートツールとお考えください。

RSI単独での使用は信用性にも欠けてしまいますので、必ず他のレンジ相場に強いテクニカルツールと併用して活用してください。

取引の精度も上がり、より高い確率で勝利をおさめることができるでしょう。

以上RSIの注意点になりますので覚えておいてください。


日頃からニュースもチェック

昨今のバイナリーオプション人気に伴い、様々なバイナリーオプションの必勝法が紹介されています。

あらゆるテクニカルツールの紹介や、活用法、チャートの見方やバイナリーオプション業者の選択方法など、トレーダーにとってとても有益な情報がインターネットや投資家向け雑誌などに掲載されています。

このような側面からバイナリーオプションを攻略する分析方法をテクニカル分析と言います。

しかし、バイナリーオプションもひとつの証券取引です。

社会における全世界の様々な事象が取引に多大なる影響を与えており、FXや株と同じく、バイナリーオプションにおいてもこれらの情報を常に把握し、そこから相場の分析を行っていくこともまたとても効果的な必勝法となり得ます。

このような面から取引の分析を行うことをファンダメンタルズ分析と言います。

ファンダメンタルズ分析では、世界各国の市場の動き、社会情勢、突発的な事件やニュースなど日々世界中で起こっている事柄がどのように株価に影響を及ぼしているかという視点から、為替の値動きを分析していきます。

これらの様々な事象を把握するために、トレーダーのみなさんは忙しい中でも、日頃から新聞を読んだり、ニュースをチェックしたりすることが大切です。

テクニカル分析に合わせて、このファンダメンタル分析にも手を抜かないことが、バイナリーオプションで勝ち続けるトレーダーとなる為の何よりもの必勝法となり得るのです。


RSIを活用した必勝法

数あるバイナリーオプションのテクニカルツールの中で、素早い相場予測が可能なRSIは多くの投資家達に愛用されている代表的なテクニカルツールです。

RSIは、売られすぎ・買われすぎを判断する際大変役立つため、レンジ相場において逆張り予測を立てるために大変有効なツールです。

では、実際にこのRSIを利用して、どのように相場予測を立てていくのか詳しくご紹介いたしましょう。

RSIは0から100までの%数値で出来ています。

中心となるのが50%、上昇傾向に入ると50%以上に、下降傾向に入ると50%以下でグラフが推移していきます。

グラフの数値が、70%以上になると買われすぎ、30%以下になると売られすぎサインとなり、このサインが逆張り予測を立てるタイミングのシグナルとなるのです。

つまり、70%以上に数値が上昇した場合に次は下降に向かう、30%以下になった場合に次は上昇に向かうと予測をするだけなので、とてもシンプルで使いやすいテクニカルツールです。

しかしトレンドが激しく起こった初期のタイミングと、数値が80%以上または20%以下にとどまる場合、この2つの条件がそろった場合にはトレンドが続き相場の転換が起こらず、逆張り予測をすると外れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

このようなケースでは一旦取引のエントリーを待って、RSIが正しく機能する相場のタイミングまで観察を続けるようにしましょう。

上手に活用すれば心強いツールになります。


RSIとは

バイナリーオプションを攻略するためには、ファンダメンタルな分析力とテクニカルな分析力の両方が求められます。

社会情勢や各国の経済状態、世界市場の相関関係、世界で起こるあらゆるニュースや出来事は株価の値動きに多大なる影響を与えます。

投資家としてこのような事象を常に把握し、知識を日頃からつけておくのは、勝ち続けるためには大変重要なことになります。

そして同様に、テクニカル分析力を身につけることも必要になります。

これは投資家としてのテクニックとなりますので、すぐに攻略するのは難しいですが、取引画面になれることから、各取引ルールを理解し、そしてテクニカルツールを上手に使って身につけていきましょう。

テクニカル分析を行うためのツールは数多くありますが、代表的なRSIについてご紹介しましょう。

RSIは相場価格が、上がりすぎている又は下がりすぎている場合において、それを確認するための指標として用いられます。

RSIチャートは、短期・中期・長期の3本のラインで形成されており、それぞれの線の動きによって相場変動の予測を立てることができます。

これを使用することにより、スピーディな判断が可能となり、逆張り予測を立てる際に大変役立ちます。

数多くのトレーダーに愛用されており、信頼度も高いため大変お勧めのテクニカルツールです。

バイナリーオプション取引において強い必勝の味方となってくれると思いますので、ぜひ試してみてください。


予測ツールを活用した必勝法・攻略法

バイナリーオプション業者の中でには、業者が独自で開発した予測ツールを提供してくれています。

大抵の場合、口座を開設すれば予測ツールは無料で利用でき、それを業者の売りにしているところも少なくありません。優秀な予測ツールは投資の成功にかなり役にたつことから投資家やトレーダーの間で、どの業者の予測ツールが良いか。

この業者の予測ツールでは、この方向で予測が出ている。などの情報交換が盛んに行われています。

らくらくテクニカルを利用した必勝法なども紹介されています。

多くの予測ツールは、人力では不可能な量の為替の過去データをもとに 現在の為替に最も似ている、もしくは近い変動をしたデータや類似しているデータを引っ張りだしてきます。

予測ツールも様々なので、過去の類似している為替の動きのデータを引っ張ってきてくれて、「この時は、こういう変動でしたよ」というふうにいくつかのパターンを見せてくれて投資家が、そのデータをもとに投資の方向を決めるケースや予測ツールが過去のデータをもとに今後の為替の変動を自動で予測してくれるケースもあります。
いづれにしても、あくまでも参考にとどめる予測ツールですが何十年分の為替の過去データを一瞬で比較してくれるのは 人の力では不可能です。

為替の変動が、過去に似た動きをしているということは可能性的に同じような動きを見せる確率は比較的高いという見方もできるので予測ツールを利用させてくれる業者で取引をするのも攻略法のひとつです。